NISSAN REPORT BLOG

RSS

2014年05月

140526-01-10

新型「スカイライン 200GT-t」発表

高出力・低燃費・軽量なターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した「スカイライン 200GT-t」(次世代ターボ車)発表記者会見の模様をダイジェストでお送りします。ダイナミックな走行演出やトークショーなど、通常の発表会とは違ったイベントでした。

_nissan_gt-r_lmp1

日産/NISMO、2015年にル・マン24時間レースLMP1クラスに復帰

日産は、2015年、ル・マン24時間レースに復帰し、「NISSAN GT-R」の名を冠したマシンでアウディ、ポルシェ、トヨタとの対決に挑みます。また2015年のFIA世界耐久選手権(WEC)には、2台のLMP1(ル・マン・プロトタイプ1)マシンと共にワークスチーム体制で参戦します。日産のLMP1マシンの名称は、「NISSAN GT-R LM NISMO」を予定しています。30年に亘るモータースポーツの血統を引継ぎ、日産のフラッグシップモデル、「NISSAN GT-R」の名を冠します。

20140512JacartaDatsunphotolargeYoutube-thumb

ダットサン「GO+」、インドネシアにて生産開始

5月8日、インドネシアにて「GO+」の生産が開始されました。これにより、同国でのダットサンブランド復活が本格化します。

116256_1_5

日産自動車、スペイン・バルセロナ工場で、2車種目のEVの生産を開始

日産が100%EVの生産開始を発表したことで、バルセロナは世界でもっとも「グリーン」な都市へまた一歩近づきました。「eNV200」は商用バンと乗用ワゴンの2タイプが発売される予定です。

_IMG_6493

日産の「ニュル・マイスター」GT-R NISMOを語る

独ニュルブルクリンクで量販車世界最速の7:08.679というタイムを記録し、今年2月より発売のNISSAN GT-R NISMO。開発チームには日産で唯一「テクニカル・マイスター」という職位を持つテストドライバー加藤博義がいました。黄綬褒章や厚労省「現代の名工」に表彰された彼は、ニュルでの長年の経験を生かし、プロジェクトやコースの安全管理やレーシングドライバーとエンジニアを繋ぐ橋渡しなど活躍しました。

ページトップへ