NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > イオンネットスーパー「e-NV200」テストカー 発進式

イオンネットスーパー「e-NV200」テストカー 発進式

15日、埼玉県さいたま市にあるイオンモール 浦和美園店にて、イオンネットスーパー向け「e-NV200」テストカーの発進式が行われました。

このクルマは、イオンリテールが首都圏の「イオンネットスーパー」の配達車両として、このモニター車を約1ヶ月間活用し、ビジネスにおける実用性を確認します。

日産自動車でグローバルLCVビジネスユニットを担当している村上秀人執行役員は、「宅配の際には加速があったり、減速があったり、止まっている時間もあるわけですが、今回そのデータを収集し、宅配に最適な電気自動車の条件を見つけることがこの実証実験の狙いです」と述べました。

発進式で挨拶する日産自動車(株)村上秀人執行役員

このモニター車は、本年1月開催のデトロイトモーターショーで、そのコンセプトモデルの世界初披露を行なったゼロ・エミッション車「e-NV200」がベースとなっています。

日産は同車の将来の投入に向け、世界中のフリートのお客さまから、実地での実証運行を通じたご意見をいただく取り組みを進めており、これまですでに郵便事業株式会社(日本郵便)や輸送会社のFedExなどとも同様の実証実験を実施しています。

村上執行役員は、「我々は色々な業界からデータを集めて最適なEVの制御設計をし、多くの皆さまに使っていただくべく、量産化に向けた作りこみをしていきたいと考えています」と今後の見通しを述べました。

日本郵便 テストカー

FedEx テストカー

 

ページトップへ