NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 新型「ノート」開発者インタビュー ~チーフプロダクトスペシャリスト 水口美絵~

新型「ノート」開発者インタビュー ~チーフプロダクトスペシャリスト 水口美絵~

新型「ノート」の商品の狙いについて、商品企画の責任者であるチーフプロダクトスペシャリスト(CPS)の水口美絵に話を聞きました。

Q. 日産のコンパクトカーラインナップにおける新型「ノート」の役割と位置づけは?

水口CPS:

新型「ノート」は、日産ラインナップの基盤となる新しいベーシックカーです。

私達は、より多くのお客さまに『NISSAN』ブランドを体験していただけるように、また毎日使っていただくことを念頭に、特徴的な部分を磨き上げるだけではなく、バランスのとれた商品となるようこの車を育てて参りました。

Q. 新型「ノート」で目指したものとは

水口CPS:

成熟した市場ではコンパクトカーは毎日使う暮らしの道具として、家庭のメインの車、いわばファーストカーとして使われることが多く、その中でたくさんのお客さまに受け入れていただくためには、多様かつレベルの高いご要望にお答えしなくてはなりません。

新型「ノート」は、さまざまなお客さまの期待ににきちんと添うクルマでありたいと想い、作ってきました。

私たちがイメージしたのは、日々の暮らしを自分らしく楽しみ、充実させることを求めるお客さまです。車の持つ基本的な『質』を高めることで、コンパクトカーの可能性を拡げています。

結果として、お客さまの生活の『質』を高めることが出来るお気に入りの道具となるクルマを目指しました。

Q. 現行車から進化させた部分と、新型で新たに実現を目指した部分は?

水口CPS:

現行車から大きく進化させた第一のポイントは、いまやコンパクトカーの絶対条件ともいえる『燃費の良さ』です。カタログ燃費だけではなく、日常の生活で重要な実用燃費や気持ちのよい走りを実現するソリューションを備えています。

1つはダウンサイジング。1.2リッターエンジンに、ミラーサイクル、直噴テクノロジーやアイドリングストップ、そして快適な走りを実現するためのスーパーチャージャー等、日産が持っている先進技術を多く盛り込んだエンジンを採用することで、軽量化や燃費の良さを両立しています。

次に現行車でも好評だった室内の快適性です。新型では、実際にクルマに触れていただければ説明の必要がないほど圧倒的に広々とした室内空間と、優れた空力性能を持つスタイリッシュなデザインを組み合わせました。

さまざまな体格の方が快適に過ごしてもらえるように、フロントシートを工夫していろいろな体格の方が快適に過ごして頂けるように作りこんでいます。

そして新たなポイントとして、毎日使える先進装備を用意しています。

一度使ったら手放せない、毎日使える心で便利な装備として、コンパクトカーでは初となるアラウンドビューモニターを採用しています。実際に使って頂くとお分かりいただけると思いますが、暗い夜や雨の日に使う際、車から降りなくても良い等、非常に役に立ちますし、使い方の裾野が広がる装備として今回採用しています。

その他にも新型ノートにはお客さまの生活を豊かにする様々なアイデアが溢れています。

アイドリングストップ、アラウンドビューモニター、スーパーチャージャー等、新型「ノート」に採用した技術は、さらに便利にすることで自然に馴染んで頂けるものを中心に採用しています。

是非実車でご確認ください。

ページトップへ