NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 新型「セントラ」 人々の注目を浴びる

新型「セントラ」 人々の注目を浴びる

今週、アメリカ・テキサス州のダラスで行われたイベントにて、2013年モデルとなる新型「セントラ」が展示されました。

新型セントラは以前、今後15ヶ月間に5車種を投入すると発表した(アルティマ、パスファインダーに次ぐ)3台目となるモデルで、クラストップの燃費性能を誇ります。

新型セントラは先代モデルから大きな変化を遂げています。プロポーションが向上したほか、150ポンド(68kg)の軽量化も達成しています。

また、室内の広さ、トランク容量ともに向上しています。新型のインテリアは非常に広々としており、後席の足元空間も充実しています。クラスを超えた先進装備を備えており、デザインは今年発売された新型「アルティマ」を彷彿とさせます。

北米日産のアル・カスティネッティVPは、「2013年モデルはその30年の歴史の中で最も革新的なデザインに仕上がりました。これにより、我々のセダンラインナップは、これまでで最も革新的で高品質、そして最高の価値をご提供するものとなりました」と述べました。

今週、大学アメリカンフットボールのシーズンが始まりましたが、日産はアラバマ大学とミシガン大学の試合が行われた会場にて新型セントラを展示し、会場で存在感を示しました。日産とハイズマントロフィーとのパートナーシップは2016年まで続く予定です。

2013年モデルは、今年10月に米国、メキシコ、カナダのディーラーで発売される予定です。

ページトップへ