NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 日産、三菱とNMKV、協業による新型軽自動車のオフライン式を実施

日産、三菱とNMKV、協業による新型軽自動車のオフライン式を実施

大手自動車メーカーが共同で自動車を開発することはあまりないことですが、日産自動車と三菱自動車の提携は歴史に残る成功例となるかもしれません。

両社は国内自動車市場のトップカテゴリーである軽自動車の開発に挑戦しました。

5月20日、共同開発第一弾となる新型車のオフライン式が三菱自動車の水島製作所で行われました。

このプロジェクトによって工場での二直勤務が再開し、新たな雇用機会を産み出すことが期待されます。

6月6日に発表となるこの新型軽自動車は、日産は「DAYZ(デイズ)」、「DAYZ(デイズ)ハイウェイスター」、三菱は「eKワゴン」、「eKカスタム」という車名で世に送り出されます。

この軽自動車は2011年に設立された軽自動車事業の合弁会社「NMKV」が企画・開発した最初の車種となります。

当日は各社の代表や報道陣に加え、350人の従業員が式典に参加しました。

日産の最高執行責任者志賀俊之は、日産にとって新型車「DAYZ」がどのような意味を持つかを次のように語りました。

志賀は「軽自動車は全長、全幅といった車両寸法は規格で定められている、日本市場独自のものです。

日産は登録車(軽自動車以外の乗用車)も引き続き販売を強化していきますが、この新型軽の発売により販売台数の上乗せを期待しています」と述べました。

軽自動車の車両価格は比較的安価である上、自動車税や保険料などが低いこともあり、日本の軽自動車市場は拡大傾向にあります。

2012年初頭での国内の軽自動車保有台数は1,850万台にのぼります。

軽はダイハツ、スズキ、そしてホンダといったメーカーが参戦する激戦市場ですが、今回の新車種はクラストップの燃費性能や、軽自動車初となるタッチパネル式オートエアコン、上質感のある室内空間などで勝負します。

三菱自動車の益子修社長は、日産との提携は画期的で重要な意味を持つと説明します。

益子社長は「二つの会社ですから歴史も、クルマ造りの文化も当然違うはずです。クルマの企画開発の段階から一緒に進めるうえで壁もあったでしょうし、障害もあったと思いますが、うまく乗り越えて信頼関係を作り上げることができました。これはやはり、NMKVにお互いから参加しているみなさんのご苦労と努力の結果だと思います」と述べました。

既に、2014年初頭の発売に向けて、NMKVによる第二弾の車種としてスーパーハイトワゴンの新型軽自動車の開発が進んでおり、今後も市場に大きな影響を与えることが期待されます。

ページトップへ