NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 新型軽自動車 日産「デイズ」を発表発売

新型軽自動車 日産「デイズ」を発表発売

日産は6月6日、都内で記者会見を実施し、新型車「DAYZ(デイズ)」を発表しました。

この日販売開始となった「デイズ」は日産が企画からデザイン、開発に携わった最初の軽自動車で、新開発のエンジンを搭載しクラストップの低燃費を実現しました。

価格は106万円台からと戦略的な設定となっています。
リージョナルプロダクトマネージャーの安居理進(やすい まさのぶ)は、商品の特長と開発した想いについて、次のように説明しました。

「軽自動車には車両寸法の規定がありますが、今回日産のデザイン陣がそれに初めてフル開発でチャレンジしました。 これまでにないデザインを実現するために、室内寸法に影響の無い範囲で彫りの深いキャラクターラインを、かなり研究して造ってくれました。

(装備面では)軽自動車として初めて、日産独自のアラウンドビューモニターを採用しました。さらにタッチパネル式のエアコンを採用することにより、先進性と上質なインテリアを表現しました。

クラストップの29.2km/Lという燃費を実現するために、まずはアイドリングストップを採用しました。これはクルマの減速時13km/h以下で作動する『停車前アイドリングストップ』です。このほかエンジンのピストンをコーティングしてフリクションを低減することや、高効率のCVTを採用するなど、地道な技術の積み上げで達成しています。」

 

国内市場は現在、全需のおよそ3割以上を軽自動車が占めており、各メーカーにとってこのセグメントへのテコ入れが急務となっています。
最高執行責任者の志賀俊之は、軽を含む国内販売にかける意気込みを次のように語りました。

「デザイン、性能、燃費など、あらゆる日産の技術やノウハウを、お客さまにご満足いただけるよう、この軽自動車に入れました。そうした思いが詰まったクルマなので、今日は私自身、ワクワクしております。

登録車(軽自動車以外)の販売については、ノート、セレナ、シルフィといった主力車種が頑張っていますが、残念ながらこれまで軽自動車で前年の販売を割っていました。このDAYZが入ることにより、是非日産として盛り上げて、落とした分のシェアを挽回したいと思っています。」

 

日産は、2014年初頭にDAYZシリーズ第2弾となる車種の発売も予定しています。

 

 

 

記者会見アーカイブ映像

Video streaming by Ustream

 

ページトップへ