NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を日本初公開

電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を日本初公開

2014年ル・マン24時間耐久レースに参戦予定の電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」が日本で初公開されました。

開発責任者でダイレクターオブモータースポーツイノベーションのベン・ボウルビーへのインタビュー

日産がゼロエミッション・オンデマンド技術を用いて「ガレージ56」という先進車両の特別枠でル・マン24時間レースに復帰しようと決めたときから、いわば「月ロケット競争」が始まりました。電動パワートレインがどのような特性になるか、全くの白紙状態から車両を設計し、組み立てるのに非常に短い期間しかありませんでした。これまで誰も達成したことがない、「EVモードのみで、レーシングスピードでル・マンを1周する」ために技術を開発するのがNissan ZEOD RCの使命です。実現すれば新記録を樹立することになります。誰も達成していないのは、極めて困難だからです。これでプロジェクトの雰囲気が想像いただけると思います。

電動化技術を採用するために空気抵抗低減、転がり抵抗の低減、パッケージング、軽量化など様々な方策が必要になってきます。つまり、電動パワートレインへの挑戦のために、全てをそれに合わせなければなりません。

 

まず、コクピットは非常に面白い造りになっています。これは寸法や衝突安全の面で2014年のLMP1クラス車両のレギュレーションに完全に準拠した形状をしています。このドライバーの「仕事場」ではこのクルマ独特の操作をすることになります。内燃機関(ICE、ガソリンエンジン)と電力駆動をシームレスに切り替えるのです。我々はこの操作を極力シンプルにするよう心がけています。つまり、ボタン操作1つでオンデマンドに電動モードに切り替えます。エンジン走行時のブレーキ操作で回生されたエネルギーが蓄積されて、ドライバーが電動でフルラップ走行したくなったらEVに切り替えます。EV走行時に駆動力を発生するモーターは、エンジン走行時にブレーキ操作で発電する役割を担います。車両が減速する際、後輪から可能な限り多くのエネルギーを回収し、バッテリーに充電して次のEVフルラップに備えます。

黄旗や悪天候などの際にもSOC(充電残量)は常時モニターし、ドライバーに必要な操作を促します。あらゆるレースの条件下においても最も効率的なエネルギーマネジメントを行うために、我々はさらに車両特性の研究を重ねていきます。開発ドライバーに「GTアカデミー」でも採用しているシミュレーターで実験を重ねてから実車で走行し「電力を最も効率的に活用するにはどのような戦略が必要か」を導き出したいと考えています。また、減速時にモーターでエネルギーを回収するためには「ブレーキ協調回生」という高度な技術が必要になります。100%後輪のモーターの抵抗だけで減速/停止することはできませんから、機械式(摩擦)ブレーキとの組み合わせになります。ただ、ドライバーにわざわざ回生と摩擦ブレーキの配合を意識させるわけにはいきません。ドライバーは、いかにブレーキのタイミングを遅く(短く)してラップタイムを縮めるかが仕事ですから。それを(違和感なく)実現させるのは我々クルマ側の仕事です。

これまでの7ヶ月間は設計と製作のプロセスでした。これから試行錯誤が始まります。我々は可能な限り高度なノウハウで仮説は立てました。しかしそれはあくまで仮説にすぎません。まずはちゃんと走らせること — 安全性と信頼性を確保した上で速さを追求するために、これまで多少の困難には直面しましたが — が仕事です。どの部分の仮説が正しかったか、またどの部分に克服すべき課題があるかを検証していきます。つまり、まずは走らせて、実験を通じて細部を詰めていき、最高の性能を発揮できるパーツを来年のル・マンまでに開発しなければなりません。

この、いわば実験車両クラスで参戦するというのは、本当に面白いですね。研究目的でこの車両に先進技術を惜しみなく投入します。その成果は、将来のプロジェクトに活用できる訳です。

 

 

イメージビデオ

 

記者会見アーカイブ

Video streaming by Ustream

ページトップへ