NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 安倍総理が自動運転技術の実証実験車両に試乗

安倍総理が自動運転技術の実証実験車両に試乗

日産自動車は、9日、安倍総理参加の下、国会前庭を囲む周回道路にて実施された公道実証に、ナンバープレートを取得した自動運転技術の実証実験車両(Autonomous Drive)で参加しました。

自動運転技術は、今後の道路交通システムを支えるテクノロジーの一つとして、日本の成長の原動力となることが期待されています。
今回の公道実証は、その取り組みを明確にするものとして、経済産業省による発案・企画の下、関係省庁との緊密な連携により、国内自動車会社3社が参加し実施されたものです。
日産の実証実験車両は「日産リーフ」をベースに、車両が周辺の道路状況等を検知しハンドル・ブレーキ等を自動的に制御する技術を搭載し、一般公道での自動運転走行を可能としています。
具体的には、車両周囲のカメラ、レーザースキャナー、レーダー等により、周囲の車両、歩行者、信号や交通標識等を認識し、車載コンピューターで判断、モーターやステアリング、ブレーキなどを制御し自動で走行できる機能を備えています。

 車載カメラ映像

ページトップへ