NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 圏央道開通式で自動運転車両が走行

圏央道開通式で自動運転車両が走行

東名高速、中央道、関越道を直結する圏央道が6月28日に開通しました。相模縦貫道部の相模原愛川ICで実施された開通式では日産「リーフ」をベースとした自動運転技術搭載車両がパレードに参加。神奈川県の黒岩祐治知事が乗車しました。

日産は自動運転技術の将来の実用化に向け、2013年11月より神奈川県の協力のもと、自動運転技術搭載車両の高速道路での実証実験をこのさがみ縦貫道路にて実施することにより、安全かつ信頼性の高い技術の開発に取り組んできました。2020年までに自動運転技術を複数の車種で実用化することを目標にしています。

 

 

 

ページトップへ