NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > ニッサンブランドが 「ベスト・グローバル・ブランド2014」にランクイン

ニッサンブランドが 「ベスト・グローバル・ブランド2014」にランクイン

世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブランド社は、ニッサンブランドを、世界で最も価値のあるブランドのひとつに選定しました。

日産自動車CVP ルー ドゥ・ブリース

インターブランド社が本日発表した「ベスト・グローバル・ブランド」で、ニッサンは、2013年の65位から今年は56位にランクアップしました。

ニッサンブランドは、現在の財務実績に加え、幅広い商品ラインアップ、電気自動車におけるリーダーシップなどにより、健全に拡大していると評価されました。

これにより、ニッサンブランドの価値は、昨年の約62億ドルから、76億2,300万ドルに増加しました。

日産のグローバルマーケティング、ブランドストラテジー担当常務執行役員ルー ドゥ・ブリースは

「今回のベスト•グローバル•ブランドの選定結果には非常に満足しています。日産は56位にランクインし、ブランド価値は前回と比べて23%上昇しました。これは、私たちの行動が正しかったことを示しています。

特に喜ばしいのは、私たちが毎年順位を上げ、ブランド価値は4年前と比べて2倍近くになったことです。長期的な発展が望まれる産業においては、一時的な好調より、毎年確実に改善することが重要です。ですから、常にランクが上がり続けるのは、とても嬉しいことです」と述べました。

ニッサンブランドは、本年の6月、インターブランド社の「ベスト・グローバル・グリーンブランド2014」において、最も環境に配慮したブランドのひとつに選定されています。ニッサンは、「ベスト・グローバル・グリーンブランド2014」において、昨年より1つランクを上げ、50ブランド中4位にランクインされました。これは、世界で最も売れている100%電気自動車「日産リーフ」により、日産がゼロ・エミッションモビリティにおけるリーダーとなったことが評価されたものです。

同レポートは、日産の新型車「キャシュカイ」、「ムラーノ」、「ローグ」が、ニッサンブランドの「今までにないワクワクを」、というブランドポジショニングを具現化していると評価しています。また同時に、日産の電気自動車におけるリーダーシップや、自動運転、燃料電池技術といった未来のモビリティへの投資など、急速に変化する自動車市場における新たなお客さまニーズに応える取り組みを行っていることも評価しています。

ページトップへ