NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 欧州日産、新型「パルサー」のプロモーションにスペインのイニエスタ選手を起用

欧州日産、新型「パルサー」のプロモーションにスペインのイニエスタ選手を起用

バルセロナの工場で生産されている日産の新型ハッチバック「パルサー」は、ヨーロッパのトップサッカープレイヤー、アンドレス・イニエスタ選手とタグを組むことになりました。

オフラインした新型「パルサー」を運転するアンドレス・イニエスタ選手

日産モトール・イベリカを訪れたイニエスタ選手は、オフラインしたばかりの新型「パルサー」の最初のドライバーとなりました。

イニエスタ選手とパリ・サン・ジェルマンのキャプテン、チアゴ・シウバ選手は、最初の日産のグローバル・アンバサダーです。これは、8月に発表された日産とUEFAチャンピオンズ・リーグとのパートナーシップの一部です。

 

 

 

 

イニエスタ選手は工場を訪れ、生産工程やクルマが組み立てられる様子を見学し、その作業に関わる従業員に会いました。

イニエスタ選手は「クルマに対する感想は『美しい』の一言です。それ以外にはインテリア、特にエンジニアの方々がいかにうまくスペースを設計したかに感心しました。特に、クルマの後方のスペースには注目しました。決して小さいトランクではなく、逆にとても横幅があります。100%楽しむためのクルマです」と感想を述べました。

5人乗りのパルサーの導入は、競争の激しいCセグメントのファミリーハッチバックカテゴリーへの日産の復帰を意味します。

イニエスタ選手に新型「パルサー」のキーを渡すマルコ・トロ

パルサーは日産の最新の「セーフティ・ネット」テクノロジーを搭載しており、アラウンドビュー・モニターやブラインド・スポット・ウォーニングをはじめ、クラス最高の室内空間とスマートフォンとクルマをリンクし、最適なインタラクションを可能とするサテライト・ナビゲーション・システムを搭載しています。

日産イベリア自動車会社のマネージングダイレクター、マルコ トロは、日産とイニエスタ選手の関係の重要性を語りました。

トロは「パルサーは欧州でデザイン・開発されました。そして、5月のマドリッドのオートショーで全ヨーロッパに向けて披露しました。また、先週ジローナにて報道陣にも発表し、今はこのクルマをバルセロナのこの工場で生産しています。

 今、マドリッドで、ヨーロッパ中で公開するこのクルマの動画を作成しています。本日、最高のスペイン人アンバサダーのイニエスタ選手にクルマをお渡ししたことは、このスペイン生まれのクルマとチャンピオンズ・リーグの日産アンバサダーの完璧な出会いなのです」と語りました。

チャンピオンズ・リーグは世界で最も重大なサッカーのクラブトーナメントであり、毎シーズン40億人もの観戦者がいます。

シウバ選手とイニエスタ選手は9月30日にパリ・サンジェルマン対バルセロナの試合で対決しました。

試合の期待と同様に、秋に販売が開始されるパルサーへの期待も高まっています。

ページトップへ