NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 日産、2022年度までに年間100万台の電動駆動車を販売

日産、2022年度までに年間100万台の電動駆動車を販売

日産は、同社の中期計画「日産M.O.V.E to 2022」の一環として、電動駆動車の拡充、自動運転技術の拡充と進化、およびコネクティビティの加速に向けた計画を発表しました。

同計画において、日産は2022年度までに、100%電気自動車(EV)、e-POWER搭載車をあわせて年間100万台販売することを目指しています。

本6か年計画では、以下の目標達成を目指します。

  • • 新型「日産リーフ」の成功を基盤に、EVを新たに8車種開発
  • • 中国で各ブランドによるEVの積極投入
  • • 日本に軽自動車のEVを投入
  • • ニッサンIMxコンセプトカーから発想を得たグローバルなクロスオーバーEVを投入
  • • 2021年度以降投入するインフィニティの新型車を電動駆動化
  • • 自動運転技術の搭載車 20車種を20の市場に投入
  • • 本計画の最終年度までに、主要市場で発売するニッサン、インフィニティ、ダットサンブランドの全新型車を100%コネクテッドカーに

詳細情報は下記よりご覧ください。

「日産自動車、2022年度までに年間100万台の電動駆動車を販売」プレスリリース

ページトップへ