NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 「日産リーフ」の中古バッテリーを再利用した外灯を福島県浪江町に設置

「日産リーフ」の中古バッテリーを再利用した外灯を福島県浪江町に設置

福島県浪江町、日産、フォーアールエナジー、電気自動車「日産リーフ」の使用済バッテリーを再利用し製作した外灯を設置するプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を発表しました。

今回、日産とフォーアールエナジーは、ソーラーパネルの発電と「日産リーフ」の中古バッテリーを組み合わせることで、電線やコンセントを全く必要としない、完全オフグリッドで点灯する外灯の製作を実現しました。そして浪江町は、これを、外灯を必要とする町内各所に設置するプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を実施します。

「THE REBORN LIGHT」は、震災からの復興を進める浪江の町に灯りをもたらし、町民の方々の生活を支援します。

本件の詳細また関連情報は下記よりご覧ください。
「電気自動車『日産リーフ』の中古バッテリーを再利用した 外灯を福島県浪江町に設置」プレスリリース
「浪江町における『使用済みEV用バッテリーの再製品化専用工場』の開業について」プレスリリース
「日産自動車、『日産リーフ』の再生バッテリーを使った有償交換プログラムを発表」プレスリリース

ページトップへ