NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 自動運転による未来の交通サービス実証実験

自動運転による未来の交通サービス実証実験

日産とDeNAが共同開発中の、無人運転車両を活用した交通サービス #EasyRide 。第1弾として横浜市のみなとみらい地区で大規模な実証実験を実施しました。


この実証実験では、 #日産リーフ ベースの自動運転技術を搭載した実験車両にご応募いただいた一般モニターにお乗りいただき、日産グローバル本社から横浜ワールドポーターズまでの合計約4.5Kmのコースを往復運行しました。

300組におよぶ今回モニター参加者の方々には目的地の設定や配車などの基本的なサービスに加え、移動だけにとどまらない #EasyRide の強みである新しい乗車体験をお試しいただきました。目的地は専用のモバイルアプリで設定しますが、行きたい場所を直接指定する以外に、「やりたいこと」をテキストまたは音声で入力し、おすすめの候補地を表示させてその中から選択することもできます。乗車中には走行ルート周辺のおすすめスポットや最新のイベント情報など約500件の情報が車載タブレット端末に表示されるほか、店舗などで使えるお得なクーポンを40件程度ご用意しました。

実験を通じて #EasyRide のサービス仕様の評価・確認を行い、2020年代の早期に誰もがどこからでも好きな場所へ自由に移動できる新しい交通サービスの実現を目指します。

体験モニターにご参加いただいた方々、ご協力ありがとうございました!

 

ページトップへ