NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 生まれかわったEVバッテリーが実現する #VPP 「みらいの工場」プロジェクト

生まれかわったEVバッテリーが実現する #VPP 「みらいの工場」プロジェクト

日産自動車は、住友商事、日本ベネックスとともに太陽光パネルとEV、およびEVの再利用バッテリーを用いた新型蓄電システムを構築し「みらいの工場」プロジェクトを開始。このプロジェクトに商用車タイプのEV「e-NV200」10台を導入いただきました。

再生可能エネルギーとEVのリユース蓄電池システム(400kW)およびEV10台を組み合わせて利用し、エネルギーの効率利用と環境との共生を実現する、スマート工場モデルの確立を目指すものです。
蓄電池システムは、太陽光発電の出力の過不足を平準化すると同時に、工場の電力需要ピーク時の補助電源として活用され、電気代の削減に貢献します。EVは、従業員の通勤や外出時に使用され、使用済みバッテリーを蓄電池システムにおいて再利用することで、バッテリーのリユースモデルの構築も目指します。また、蓄電池システムとEV充電は2020年に実用化が期待されるVPP(仮想発電所) に対応しており、充放電のタイミングの最適化などを通じ、エリア全体の電力需給の調整にも貢献する計画です。日本ベネックスと住友商事は関西VPPへ参画し、蓄電池システムおよびEVの、VPPにおける有用性の検証を進めています。

日産は、排出ガスゼロのEV普及の先駆者として開発、販売を行うだけでなく、持続可能なモビリティ社会を構築するために包括的な取り組みを行っています。今後もEVの更なる普及に取り組んでまいります。

これまでの取り組み

薩摩川内市甑島「みらいの島」プロジェクト

大阪市夢洲「ひかりの森」プロジェクト

フォトギャラリー

Sumitomo Corp., Japan Benex, and Nissan e-NV200 "Future Plant" Project

 

ページトップへ