NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > セコマ・日産 災害時のEV活用

セコマ・日産 災害時のEV活用

北海道を中心に「セイコーマート」を展開する株式会社セコマと日産自動車および北海道内の日産販売会社7社は、「災害時における電気自動車(EV)からの電力供給に関する協定」を締結しました。
セイコーマート店舗に配備した『Vehicle to Home』(EVからの給電を行う機器)を活用し、この度購入したEV『日産リーフe+』や、日産販売会社が貸与するEVの電力を災害による停電時の電源として活用し、店舗営業を継続させることで被災者を支援する」、「日産自動車は、災害等により停電が発生した際に、日産販売会社店舗で試乗車として配備しているEVをセイコーマートに無償で貸与し、継続して電力が供給できる体制を整えるものです。

動画レポート

フォトギャラリー

190227_Secoma_Nissan

記者会見中継録画

 

ページトップへ