NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 新型軽自動車「デイズ」発売

新型軽自動車「デイズ」発売

日産の軽自動車「デイズ」がフルモデルチェンジしました。今回の新型では、デザインだけでなく、プラットホームやエンジンを一新。さらに軽初として「プロパイロット」や緊急通報システム「SOSコール」も採用するなど、先進技術も数多く搭載しています。

 

新型「デイズ」には「セレナ」「日産リーフ」「エクストレイル」などに搭載している、先進運転支援技術「プロパイロット」を、軽自動車として初めて搭載しました。高速道路でドライバーが負担を感じる渋滞走行や、長時間の巡航走行、といった2大ストレスシーンにおいて、アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマ側で支援することで、 ドライバーの負担を少なくし、軽自動車でのロングドライブを、もっと身近で気軽なものにしてくれます。
渋滞中は、前方車との車間距離を制御し、停止中も停止状態を保持します。また、車線内を走行するようにステアリングを制御し、運転操作の負担を軽減します。
長時間の巡航走行では、セット車速を上限に、加減速に合わせて車速を調整します。車線内を走行するようにステアリング操作をサポートし、運転操作の負担を軽減します。
さらに、お客さまがより安心して運転が出来る先進事故自動通報システム「SOSコール」(ヘルプネット)を軽自動車として、初めて設定。SOSコールは、交通事故や急病などの緊急時や事故の危険がある時などに、専門のオペレーターへのデータ通信と音声通話を行うことが出来ます。通報方法には2種類あり、交通事故などで、エアバッグが作動した際に自動的に通報するものと、SOSコールスイッチによる手動通報があります。
通報後は、専門のオペレーターが、車両から得た情報をもとに、消防指令センターや警察に迅速に連絡し、緊急車両の手配などドライバーのサポートを行います。

新型「デイズ」SOSコール解説動画

新型「デイズ」CM

新型「デイズ」発表記者会見中継録画

新型「デイズ」生産工場オフライン式中継録画

 

ページトップへ