NISSAN REPORT BLOG

RSS
TOP > レポート > 日産

日産

IMG_0961

生まれかわったEVバッテリーが実現する #VPP 「みらいの工場」プロジェクト

日産は住友商事、日本ベネックスとともに太陽光パネルとEV、およびEVの再利用バッテリーを用いた新型蓄電システムを構築し「みらいの工場」プロジェクトを開始しました。

Clip #76

生まれ変わる街とEVバッテリー

日産と住友商事の合弁会社であるフォーアールエナジーは、電気自動車の使用済みリチウムイオンバッテリーの再利用および再製品化に特化した日本初の工場を福島県双葉郡浪江町に開所しました。

Nissan Formula E debut season - Photo 01

フォーミュラE参戦車両を発表

ジュネーブモーターショー2018にて、2018/19シーズンに参戦予定のフォーミュラEマシンが公開されました。

IMG_0399

「セレナe-POWER」発表

「セレナ」に電動パワートレインを搭載した「セレナ e-POWER」が発表されました。 「セレナ e-POWER」は、エンジンで発電し、100%モーターで駆動します。力強くレスポンスの良い加速とともに、エンジン回転制御や防音対策により、高い静粛性を実現。

preview-768x432

東京モーターショー2017

第45回東京モーターショー2017日産ブースのテーマは「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」-- 電動化、知能化技術がもたらすクルマと社会の未来を、コンセプトカーやプレゼンテーション、展示什器を通じてお伝えしました。関連コンテンツをご紹介します。

_170906_New_LEAF_Premiere-3335-source

新型「日産リーフ」発表

新型「日産リーフ」が7年ぶりにモデルチェンジし公開されました。電気自動車「日産リーフ」は電動パワートレインならではのパワフルな加速や、低重心を活かした軽快なハンドリングを実現し、さらに進化した自動運転技術を始めとする先進技術を合わせ持つ、「技術の日産」の粋を結集したクルマです。

170219_GHQ_NISMO_Gallery_Event-7151

2017年モータースポーツ活動計画を発表

日産自動車およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(ニスモ)は17日、日産/ニスモの2017年モータースポーツ活動を発表しました。あわせて19日、日産本社ギャラリーにて活動計画発表会を実施し、早朝から詰め掛けた多くのファンの前で健闘を誓いました。

161102-01-29-source

新型「ノート e-POWER」発表

日産自動車は11月2日、「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を追加すると同時に、ノート全車についても一部仕様向上を実施し、同日より全国一斉に発売しました。

161020_CEO_Mitsubishi-9008

日産自動車、三菱自動車株の34%を取得しアライアンスを強化

日産自動車は10月20日、三菱自動車の発行済み株式の34%を取得し、三菱自動車の筆頭株主となりました。三菱自動車は、ルノーと日産のグローバルなアライアンスの一員となります。その結果、アライアンスは世界トップ3の自動車グループとなり、2016年度のグローバル販売台数は1,000万台に達する見込みです。

160713_GHQ_Serena_Debut-6805

新型「セレナ」先行披露/自動運転技術「プロパイロット」世界初公開

8月下旬に発売予定の新型ミニバンに搭載予定の、自動運転技術「プロパイロット」の発表、および同車のエクステリア先行披露記者会見を実施しました。

_susrepo

日産自動車サステナビリティレポート発行

日産のCSR(企業の社会的責任)の取り組みである「サステナビリティ戦略」を軸に2015年度のそれぞれの分野での活動内容と今後の取り組みについてまとめた年次報告書「サステナビリティレポート」を発行しました。

Nissan_and_Mitsubishi_Motors_forge_strategic_alliance-1200x677

日産自動車と三菱自動車、戦略的アライアンスを締結

日産自動車株式会社と三菱自動車工業株式会社は、両社による幅広い戦略的アライアンスに関する覚書を締結したことを発表しました。三菱自動車の発行済み株式34%を、日産自動車が2,370億円で取得する予定です。

Tetsuya Iijima and Carlos Ghosn in the Autonomous Driving vehicle.

最新の自動運動試作車を公開

ルノー・日産アライアンスは米シリコンバレーにて自動運転の試作車を報道陣に公開。今後4年間で自動運転技術を両社合計10車種以上に採用すると発表しました。

NMC-EV-Mountain

「EVマウンテン」をめざして:神戸EVカーシェアリングの取組

神戸六甲山地区では2014年から超小型電気自動車「日産ニューモビリティ コンセプト」を利用したカーシェアリングが実施されていますが、今年より元町やハーバーランド地区など市街地でも実証実験が開始され、観光やビジネスの足として期待が高まっています。

Nissan Gripz Concept environment 2

フランクフルトモーターショーでコンセプトカー 「NISSAN GRIPZ」を世界初公開

日産は独フランクフルトモーターショーにて、クロスオーバーのコンセプトカー「NISSAN GRIPZ CONCEPT」を世界初公開しました。欧州と日本のデザイナーが共同でデザインした同車は、コンパクトクロスオーバーの性能と実用性、そしてスポーツカーのワクワク感とパフォーマンスを兼ね備えています。

NESCO-41

CO2を削減せよ!日産 省エネ集団の挑戦

2011年、日産自動車は、環境理念である「人とクルマと自然の共生」の実現を目指す中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム2016」を発表しました。 NESCO(Nissan Energy Saving Collaboration) という省エネルギー診断専門チームは、NGP2016の柱の1つ、カーボンフットプリントの削減 すなわち企業活動から排出するCO2を削減するために、グローバルに活動しています。

150804 CLEAN Niigata LEAF EV Share 4

松之山温泉でEVカーシェアリング開始

日産レンタカーとJTBの協働で、新潟県の温泉旅館で電気自動車を活用したカーシェアリングサービスが開始されました。

128613_1_5

英国チャールズ皇太子、サンダーランド工場を訪問

英国のチャールズ皇太子が1月20日、日産のサンダーランド工場をご訪問されました。

INIESTA

欧州日産、新型「パルサー」のプロモーションにスペインのイニエスタ選手を起用

バルセロナの工場で生産されている日産の新型ハッチバック「パルサー」は、ヨーロッパのトップサッカープレイヤー、アンドレス・イニエスタ選手とタグを組むことになりました。

IBrand

ニッサンブランドが 「ベスト・グローバル・ブランド2014」にランクイン

世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブランド社は、ニッサンブランドを、世界で最も価値のあるブランドのひとつに選定しました。インターブランド社が本日発表した「ベスト・グローバル・ブランド」で、ニッサンは、2013年の65位から今年は56位にランクアップしました。

RussiaDSC1

モスクワ国際モーターショー出展概要

モスクワ国際モーターショーでは、今年も様々な主要ブランドが出展しました。ロシアはニッサン、インフィニティ、そしてダットサンの3ブランドを抱える唯一のヨーロッパ市場です。

DSC_4291_2

「ダットサン」ロシアで生産開始

ダットサンブランドの新型「on-DO (オンドー)」の生産が、長い歴史を持つアフトワズ社のトリアッティ工場で7月14日に開始されました

IMG_1316

日産自動車、新型「NP300ナバラ」を世界初公開

日産は6月11日、タイで新型ピックアップトラック、「NP300 ナバラ」を世界初公開しました。

140526-01-10

新型「スカイライン 200GT-t」発表

高出力・低燃費・軽量なターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した「スカイライン 200GT-t」(次世代ターボ車)発表記者会見の模様をダイジェストでお送りします。ダイナミックな走行演出やトークショーなど、通常の発表会とは違ったイベントでした。

116256_1_5

日産自動車、スペイン・バルセロナ工場で、2車種目のEVの生産を開始

日産が100%EVの生産開始を発表したことで、バルセロナは世界でもっとも「グリーン」な都市へまた一歩近づきました。「eNV200」は商用バンと乗用ワゴンの2タイプが発売される予定です。

140407_Hikari_no_Mori-9658

日産「リーフ」の使用済バッテリーを世界で初めてメガソーラーの蓄電池に活用

大阪湾に浮かぶ人工島「夢洲」には大型蓄電池システムを備えたメガソーラーがあり、 世界で初めて電気自動車(EV)で使用した電池を蓄電設備として再利用する実証事業が行われています。

140217_Kawasaki_Nissan_Maisu-11

日産自動車、生産技術のライセンスを川崎市の企業へ供与

川崎市が主催する知的財産交流会を通じ、日産の「カイゼン」活動による特許技術が川崎市の企業にライセンスされ、新製品が誕生しました。

RikuzenTHMB

自動車各社の協業による「奇跡の一本松」模型を贈呈

東日本大震災から3年を迎え、自動車各社の技術者たちがメーカーの枠を超え「奇跡の一本松」の精巧な模型を製作し、陸前高田市に贈呈しました。材料には瓦礫の車両の廃材が使われました。

nissan27

「日産アートアワード」開催

横浜市にある「BankART Studio NYK」で、今年創設された日産アートアワードの第1回表彰式が行われました。

130827_N360_Day1-1913 (1)

日産、自動運転技術の開発を加速

近い将来、クルマには「自動モードを作動します」という新たなアラーム音が聞こえてくるかもしれません。 日産は、商品化可能な自動運転車を2020年までに開発し、販売する計画を8月27日、報道用イベント「日産360」で発表しました。

Nissan Motor Company Unveils Power of Global Footprint

日産自動車、世界の商品、技術、ブランド戦略を披露するイベント「日産360」を開催

今年創立80周年を迎える日産自動車は、第3回「日産360」イベントを開催します。この1ヶ月に及ぶイベントでは、各国の報道陣に対し、同社の世界で販売されている商品や先進技術、CSR活動などが披露されます。

IMG_5866

新ダットサン、始動

7月15日、ダットサンブランドは、第1号モデルとなるダットサン「GO」のワールドプレミアイベントにて復活を果たし、その歴史に新たな1ページを刻みました。

Thumbnail-Dealership-Looker

アフトワズ、アライアンスとロシア市場 ゴーン社長インタビュー

6月24日、ルノー・日産アライアンスCEOのカルロス・ゴーンは、ロシアの自動車産業都市であるトリアッティを訪れ、アライアンスとロシア最大の自動車メーカーが協力関係を築いた場所を視察しました。

Nissan Dayz minicar launch, Tokyo, Japan.

日産「DAYZ(デイズ)」生産・開発現場を取材

6月6日、日産の新型軽自動車「DAYZ(デイズ)」が発表発売となりました。このクルマは、日産と三菱が2年前に設立した合併会社「NMKV」によって開発、生産され、両社の力が結集された待望の商品であり、軽自動車市場において新たな品質と性能の水準を定義するものと期待されます。

High Tensile Steel

日産、「超高張力鋼板」で軽量化に挑戦

今年発売予定の新型プレミアムセダン「インフィニティQ50」には、より強度が高く、軽量で、より加工が容易な超高張力鋼板(超ハイテン材)が採用されています。

130226_CEO_NISMO-2517

NISMO新本社オープニングセレモニー ゴーン社長インタビュー

2月26日に開催されたNISMO新本社オープニングセレモニーでの弊社カルロス ゴーン社長へのインタビューです。

MG_5808

日産「ヴァーサ・ノート」と「レゾナンス」、北米国際自動車ショーで公開

日産はデトロイトで開催された北米国際自動車ショーでコンセプトカー「レゾナンス」と新型車「ヴァーサ・ノート」を報道陣に公開しました。

Katagiri1

2012年11月度のグローバル販売実績について

日産のグローバル販売を担当する副社長の片桐隆夫による、11月のグローバル販売実績の解説です。 ヨーロッパ、中国で若干の落ち込みはあるものの、アメリカそしてアジア地域は好調。 グローバルでの新型車投入が功を奏しており、2013年の見通しは明るいようです。

121102_GTR_MY13_Sugo-6304

2013年型「NISSAN GT-R」公開

11月2日、2013年型「NISSAN GT-R」が報道陣に公開されました。このクルマは11月下旬に日本で、そして来年1月から順次海外で発売される予定です。

003Autech22OCT12_DSC4001-1

オーテックジャパン、事業拡大へ

日産の関連会社であるオーテックジャパンは26年間、日本のお客さまのクルマをカスタマイズしてきました。そして今、そのビジネスをさらに海外へと拡大しようとしています。日産のアンディ パーマー副社長が茅ヶ崎にあるオーテックの本社を視察し、同社がこれまで以上に日産に貢献する期待を寄せました。

96360_1_5

日産「デルタウィング」復活へ

6月にル・マン24時間レースの完走が叶わなかった日産「デルタウイング」は、リベンジを果たすべく10月に行われるプチ・ル・マンに挑みます。

ページトップへ